본문 바로가기
SMART ANYANG

The Official Website of
ANYANG City Hall

文化観光

  1. 文化観光

安養8景

冠岳山望海庵の日没
#1

冠岳山望海庵の日没

望海庵は、東安区飛山洞にある伝統寺院で、奉恩寺末寺誌には新羅の元暁大師が創建したものと記されている。

望海庵という名称は、庵から海が見えるという意味だ。晴れた日に視界が開けた冠岳山の望海庵に登り安養市街地と西海の日没を眺めると、一幅の絵のような錯覚を起こすほどの壮観を目の当たりにできる。

三幕寺男女根石
#2

三幕寺男女根石

三幕寺は、約1300年前に新羅文武王17年(677)に元暁、義湘、尹弼の3人の聖人が庵を建て精進したのが起源で、三聖山という名もこの時付けられたものと伝えれている。

また、不思議な自然の芸術品である男女根石は、三幕寺七星閣の前にあり、1985年6月28日、京畿道民俗文化財第3号に指定された。

俗伝によると、新羅文武王17年(677)に元暁大師が三幕寺を創建する前からこの岩を土俗信仰の対象として崇拝してきたという。この岩に触れて子宝を願い、出産と一家の繁栄、無病・長寿を祈ると効験があると伝えられ、釈迦牟尼の誕生日である旧暦4月8日や七夕の日などには、多くの人々が訪れ誠を尽くしたという。

坪村中央公園
#3

坪村中央公園

中央公園は、119,843㎡の空間に様々な造園樹木、アメニティ施設をはじめとする多目的運動場などの体育施設が設けられ、特に四季をテーマ(春の庭園、夏の庭園、秋の庭園、冬の庭園)に、季節に合わせて植栽された多種多様な花と木は美しい景観を築き、市民の情緒を養い快適な都市環境を提供している

また、公園と連携して市民が動的生活体育を楽しめるよう、インラインスケート場、X-ゲーム場、歩行者天国通りが設けられている。

木、花、水を同時に観賞して市民祭り、青少年のための青春祭り、主婦のための主婦歌謡祭など、子どもから大人まで年中利用できる市民の休息空間である中央公園は、私たちの生活の質向上に貢献する安養の名所であり、私たちの憩いの場として永遠に残るだろう。

三莫川万安橋
#4

三莫川万安橋

万安橋は、孝行心がこの上なく厚い朝鮮王朝第22代王・正祖(在位1776~1800)が、無念の死を遂げた父・思悼世子の陵を参拝しに行く時、参拝行列が楽に渡れるよう築造された朝鮮時代後期の代表的な虹霓石橋だ。築造様式が精巧で、朝鮮後期を代表する虹霓石橋として評価されている。ここでは、毎年安養の代表的な民俗遊戯、万安橋踏橋が行われている。

修理山聖地
#5

修理山聖地

崔京煥(フランシスコ、1805~1839)は、金大建神父につづいて韓国で2番目に神父になった崔良業(トーマス、1821~1861)の父だ。

崔京煥は、背教させるための拷問と懐柔の中で信仰を固守し、惨い刑罰を受けて同年9月12日に捕盗庁獄舎で壮烈な殉教を遂げた。

1925年7月5日、教皇聖ピウス10世により福者の位が授けられ、韓国カトリック200周年記念を期して訪韓中だった教皇ヨハネ・パウロ2世により、1984年5月6日に聖人に加えられた。

修理山聖地は、2000年に巡礼地として指定され新しく開門した聖地で、仮墓とともにイエス様の苦行を表現したオブジェが設置されており、韓国教会初期の歴史と殉教の苦痛を宿している。

安養芸術公園
#6

安養芸術公園

安養芸術公園は、安養遊園地の新しい名称だ。

人口滝、野外ステージ、展示館をはじめ、広場、散策路、照明施設などが設置され、公園造成事業と連携して、国際水準の第1回安養公共芸術プロジェクトを推進し、展望台、1坪情報センター、空の屋根裏部屋、魚の涙噴水など、遊園地の至る所に韓国・海外の有名作家の芸術作品52点が設置されている。

安養芸術公園周辺には、生い茂る林の間に良く整備された幾つもの登山路があり、首都圏市民の登山コースとして愛されている。安養寺、念仏庵などの伝統寺院、宝物第4号中初寺址幢竿支柱をはじめ、石水洞磨崖鐘(京畿道有形文化財第92号)、安養寺亀趺(京畿道有形文化財第93号)、中初寺址三層石塔(京畿道有形文化財第164号)などがあり、歴史の息吹が感じられる。

ピョンモガン森林浴の森石塔
#7

ピョンモガン森林浴の森石塔

ピョンモガンは、村の入り口は瓶の首のように狭いが、村に入ると谷が深く広いことから昔から呼ばれていた安養9洞にある村の名称だ。ここは、渓谷が長く景色が秀麗で澄んだ水が流れ、多くの人々に人気のスポットだ。

ピョンモガンを遡って左側に見える山が修理山で、海抜489mとさほど高くはないが、山勢は険しくXの字の形に伸びる稜線に沿って幾つもの登山コースが形成されている。

ピョンモガンを象徴しながら修理山を象徴する指標でもある瓶の形の石塔! 両側にきれいに瓶の形に積み上げた塔は、周辺の石の山を利用して自然の調和と人工の美を活かした修理山森林浴の森の名物で、道しるべでもある。石塔が象徴するように、ペギョン湧水の上り坂には、石の山の至る所に真心を込めて積み上げた石塔がある。

市民の憩いの場である修理山は、季節ごとに独特な特性を放つ森林浴に最適の場所だ。子ども連れの登山で最も写真が映えるのは、やはり渾身の力を振り絞って真心を込めて積み上げた石塔だろう。

安養1番街
#8

安養1番街

1905年1月1日、京釜線開通に伴い安養駅が設置され、四通八達の交通の中心地として発達した安養1洞は、大小の食堂と衣料品店、居酒屋が一店二店増えながら繁華街として成長した。

そして、1990年代、交通の要地として完璧な商圏が形成された安養1番街に、若者向けのカジュアルスタイルファッションやナショナルブランドが大挙入店した。

2000年以降は、パソコン、通信、シネマなどショッピングと文化がよく融和した通りなり、首都圏でも屈指の商圏を形成して、安養最大の繁華街として浮上した。安養の金融、交通、商圏を生み出した安養1番街は、地域を発展させた象徴的意味から、安養1番街と呼ばれるようになり、市は1998年に商店街周辺の通りを「安養1番街通り」と命名した。

1996年から毎年10月には、「若者の都市・ファッションの街安養」というスローガンの下、1番街通り大祭りが開かれ、市民に見どころと自由、趣、ロマンを感じて体験できる空間を提供している。