본문 바로가기
SMART ANYANG

The Official Website of
ANYANG City Hall

暮らし情報

  1. 暮らし情報

公園

東安区

中央公園

中央公園は、119,843㎡の広い空間に様々な造園樹木、アメニティ施設(売店と憩いの空間)、体育施設(テニスコート、多目的運動場、バトミントンコート、ゲートボールフィールド、X-ゲーム場など)が設けられ、特に四季をテーマ(春の庭園、夏の庭園、秋の庭園、冬の庭園)に、季節に合わせて植栽された多種多様な花と木は美しい景観を築き、市民の情緒を養い快適な都市環境構築に貢献しています。

また、その周囲には座って休めるパゴラ、プロムナードが緑陰をつくり、夜には水耕施設のLEDカラーライトが美しい輝きと見どころを提供して、多くの人々から愛されています。

歩行者天国では、公園内の静かな安らぎとは異なり、土曜日と日曜日に誰でも参加できるお得なフリーマーケットの文化空間が開かれています。

位置:京畿道 安養市 東安区 冠坪路 149 (坪安洞895)
周辺情報

中央公園周辺には安養市庁、郵便集中局などがあり、美観広場の地下駐車場を利用すると便利です

自由公園

自由公園は、坪村新都市内の山林地域を活用して、自然とともに市民がレジャー活動を楽しめるよう造成されました。

公園内にはこども交通公園、こども遊び場、人工芝サッカー場、ローンボウルズ場、湧水、坪村アートホールなどが設けられ、幅広い年齢層に人気の公園です。

位置:京畿道 安養市 東安区 虎渓洞 1112
周辺情報

自由公園は、都心地からハイキングできる場所に加えて坪村アートホールがあり、多彩な文化・芸術公演に触れることができます。

ハクウン公園

ハクウン公園は、都心を横切る生態河川、鶴儀川が流れる公園で、鶴儀川に沿って1.4㎞の散策路に桜の花通りが設置されており、公園内にも散策路が造成され、散歩と思索を楽しめる空間として多くの人々に愛されています。

また、サッカー場と運動施設が設けられ、多目的で利用できる都心の中の憩いの場として定着しています。

位置:京畿道 安養市 東安区 飛山洞 1100
周辺情報

ハクウン公園では、鶴儀川の散歩道を利用でき、多様な体育活動を楽しめます。

虎渓公園

虎渓公園は、美しい景観を最大限活用して自然にやさしく造成されており、山林内の登山と公園内の各種アメニティ施設を利用するため多くの人々が訪れています。

主な施設は、テニスコート、バトミントンコート、室内ゲートボールフィールドで、公園内のメボン広場は、古くなり放置されていたソウル外郭循環高速道路の下部を蒼空へ向けて飛翔する鷹の一生を演出して造成されたテーマ広場で、多彩な見どころを提供しています。

位置:京畿道 安養市 東安区 虎渓洞 335-113
周辺情報

虎渓公園では、登山路沿いに設置された多様な運動器具などを活用でき、ゲートボールフィールド、テニスコート、バトミントンコートなどの生活体育施設が近隣にあり、多彩なレジャー活動を楽しむことができます。

坪村公園

坪村公園は、市庁北側、坪村図書館西側に位置し、市民が休息、運動、遊び、自然体験の場として利用できる近隣公園です。

位置:京畿道 安養市 東安区 冠坪路 213 (富林洞1589-2)
周辺情報

バスケットボールコート、バトミントンコート、フットサル場などの体育施設が設置されています。

ウンゴク公園

ウンゴク公園は、総合運動場前の市街地にある低い丘の都市林を含め、住民の運動空間、会話・交流の場、遊び・自然体験空間が設けられた公園です。

位置:京畿道 安養市 東安区 飛山3洞一帯
周辺情報

ゲートボールフィールド、バトミントンコート、バスケットボールコートなどの体育施設が設置されています。

万安区

ピョンモガン公園

ピョンモガンという地名は、村の入り口は狭くても、村に入ると谷は深く広いことから付けられた名で、修理山の裏に形成された村で、ティティミ(後頭尾洞)とも呼ばれていました。渓谷を流れる川の景色を見ることができ、人口滝、体力鍛錬場、季節の花を見れる庭園、キャンプ場などを楽しむことができます。

位置:京畿道 安養市 万安区 ピョンモガン路215(安養洞山82-2)
三徳公園

印刷用紙を生産する三徳製紙の敷地だったが、移転とともに会社の跡地を安養市に寄付して市民公園が誕生した。これを称えて、煙突の形の記念タワーが設置された。遊び場、ピクニック広場、床噴水、体力鍛錬場などの施設が設置されている。

位置:京畿道 安養市 万安区 三徳路106
安養芸術公園

安養芸術公園は、安養遊園地の新しい名称だ。

人口滝、野外ステージ、展示館をはじめ、広場、散策路、照明施設などが設置され、公園造成事業と連携して国際水準の第1回安養公共芸術プロジェクトを推進し、展望台、1坪情報センター、空の屋根裏部屋、魚の涙噴水など、遊園地の至る所に韓国・海外の有名作家の芸術作品52点が設置されている。

安養芸術公園周辺には、生い茂る林の間によく整備された幾つもの登山路があり、首都圏市民の登山コースとして愛されている。安養寺、念仏庵などの伝統寺院と、宝物第4号の中初寺址幢竿支柱をはじめ、石水洞磨崖鐘(京畿道有形文化財第92号)、安養寺亀趺(京畿道有形文化財第93号)、中初寺址三層石塔(京畿道有形文化財第164号)などがあり、歴史の息吹を感じられる。

位置:京畿道 安養市 万安区 芸術公園路131(石水洞240-17)